アンケート 調査 方法

市場調査における調査方法について

Question

アンケートにはどのような調査方法がありますか?

Answer

アンケートには、下記のような調査方法があります。

【インターネット調査(インターネットアンケート)】

インターネット調査は、対象者にインターネットを通じてアンケートに回答してもらう調査方法です。
郵送調査等に比べ圧倒的に短期間、低コストで調査が実施できます。
モニターパネルの代表性を心配される方もおられますが、インターネットが普及したことによりネット利用者層が消費者の全体層と重なるようになり、的確なリサーチが可能となりました。
マーケティングリサーチ手法として、近年はインターネット調査が広く支持されています。

学術アンケート調査 Speed Mell の詳細はこちらのページをご覧ください。

【郵送調査】

対象者にアンケート(調査票)を郵送し、その回答も郵送にて返送してもらう調査手法です。
アンケート(調査票)を郵送にて送付することにより、質問数の多いアンケートや説明文を読んで答えてもらうアンケートに適しています。
インターネットリサーチに比べて回答結果の回収や集計に多くの期間と費用を要します。

郵送調査サービス Yuusou Mel の詳細にはこちらのページをご覧ください。

【インタビュー調査(グループインタビュー・デプスインタビュー)】

インタビュー調査には、グループインタビューとデプスインタビューがあります。
グループインタビューは、1グループ5~6名程度の対象者をインタビュールームに集まってもらい、司会者(モデレーター)が座談会を進行します。複数の参加者(消費者)の生の言葉を聞くことができる調査手法です。
デプス(パーソナル)インタビューは、1名の対象者に対して司会者がインタビューを行う方法です。対象者とインタビュアーが1対1で行う為、その回答から対象者の深層心理までの把握が可能となります。

インタビュー調査の詳細はこちらのページをご覧ください。

【会場調査・CLT調査・会場テスト】

実物やテスト商品等をあらかじめ設定した会場に用意し、その会場に調査対象者を集めてアンケート調査やインタビューを実施する調査手法です。
調査対象者(参加者)は、事前にリクルーティング(募集)する場合と当日に会場周辺の街頭で通行人リクルートする方法があります。

会場調査の詳細はこちらのページをご覧ください。

【ホームユーステスト】

モニターパネルから事前に承諾を得た調査対象者に自社の新商品、既存商品や競合他社製品などを発送し、対象者の自宅で実際に利用や飲食(試飲)して、その評価をアンケートに回答してもらう方法です。
対象者の自宅で実施されることから日常生活のまま試用が必要とされる調査(入浴剤、シャンプーなど)に適している方法です。

ホームユーステストの詳細はこちらのページをご覧ください。

【訪問面接調査】

調査員が一軒一軒、対象者の自宅等を訪問して、アンケート(調査票)に基づき質問を行い、その場で回答を質問紙に記入する方法です。

【訪問留置調査】

調査員が対象者の自宅・職場等を訪問して対象者にアンケート(調査票)を渡し、その場では回答せず、後日、回答が記入された質問紙を回収する方法です。

☎ お客様相談窓口(電話相談サポート)

電話番号03-5408-7891  FAX03-5408-7893
インターネット調査・アンケート調査(インターネットアンケート)のことなら、お気軽にお問い合わせください。お電話やFAXでも承っております。
→お問い合わせフォーム

株式会社メルリンクス リサーチサポート
[電話相談サポート] TEL: 03-5408-7891
FAX: 03-5408-7893
E-mail: info@mellinks.co.jp

≪お問い合わせメールフォーム≫
インターネット調査・アンケート調査(インターネットアンケート)のお問い合わせ、および、ご質問につきましては、こちらの【お問い合わせフォーム】でも受け付けております。

お電話[ 03-5408-7891 ]やFAX、メールでも承っております。

≪お問い合わせメールアドレス≫
E-mail: info@mellinks.co.jp

受付時間: [電話相談サポート] 月~金 9:30~18:30

  • 打合せ等のため、日によっては、受付時間を18:00までとさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
  • 上記以外の日時でも、弊社スタッフが在社していれば、対応が可能でございます。お急ぎの場合は、一度おかけください。
  • [メール・FAX]随時受付

ページトップに戻る
TOPページ新着情報更新(2018.6.7)