インターネット調査のMELLINKS TOP > アンケート調査結果 > 暮らし向きに関するアンケート

自主調査(ミニリサーチ)

暮らし向きに関するアンケート調査

インターネットリサーチの株式会社メルリンクス(東京都港区、代表:鷲津茂季)では、2003年12月26日(金)~12月28日(日)、インターネットにより、全国に住む20~50歳代の主婦1,000人に対して、「暮らし向き」に関するアンケート(https://www.mellinks.co.jp/enquet_02.html)を実施しました。

【調査データの転載・引用をご希望の方は、下記までお問い合わせください】
株式会社メルリンクス 調査データ(プレスリリース)係
TEL: 03-5408-7891/FAX: 03-5408-7893/E-mail: info@mellinks.co.jp

  • 調査データの一部または全部について弊社に許諾を得ずに、無断で転載、引用、複写、複製を禁じます。
  • マスコミ・メディア関係は、事前にご連絡をいただければ調査データを無料でご利用いただけます。
  • その他のご利用は有料でのご提供となります。

【調査概要】

調査名:暮らし向きに関するアンケート調査
調査対象者:いーこえモニターのアンケートメンバー
全国に住む20~50代の主婦
サンプル数:1,000s
調査方法:インターネットリサーチ
調査内容:現在暮らしやすいか、暮らし向きにゆとりがあるか、映画や観劇・コンサートに出かける頻度、自分の健康や老後について心配・不安があるか、現在最も負担感がある支出費目、家計負担の増加に対してどう対応しているか、現在欲しいモノやサービスがあるか、現在欲しいモノやサービスは何か、現在欲しいモノやサービスの購入時期は決まっているか、いずれ購入したいが時期は決まっていない理由、現在欲しいモノやサービスがない理由を尋ねた。
実査期間:2003年12月26日(金)~12月28日
調査機関:株式会社メルリンクス

トピックス

9割近くの人が、家計負担の増加になんらかの対応。最も負担感がある支出費目は「公共料金・社会保険・税金」が44%でトップ。

  • 「現在の生活にゆとり感のない人が全体の4割。「節約して、日々の支出を抑えている」人も全体の7割弱となっています。
  • 負担感のある支出費目は「公共料金・社会保険・税金」が44%でトップ、次いで「住宅ローン」が38%。
  • また、現在欲しいモノやサービスがあっても、「いずれは購入したいが、時期は決まっていない」人が7割強を占めていて、中でも「漠然と思っているだけで、いつまでに購入しようという計画はない」人が多くなっています。

対象者属性

【性別】
性別

【年齢】
年齢

【地域(地方別)】
地域(地方別)

【地域(県別)】
地域(県別)

【職業】
職業

調査結果

  • 3人に2人は、現在の周辺環境は「まあまあ暮らしやすい」
  • 現在の生活にゆとり感のない人が39.8%とほぼ4割、ゆとり感のある人は35.8%
  • 映画や観劇・コンサートには、4割強の人が半年から1年に1回出かける程度。「ほとんど行かない・まったく行かない」人もほぼ3割
  • 自分の健康や老後については、4人に3人が何らかの不安。
  • 「公共料金・社会保険・税金」に最も負担感を覚える人が44.9%
  • 9割近くの人が、家計負担の増加に何らかの対応。「節約して、日々の支出を抑えている」人が7割弱
  • 現在欲しいモノやサービスがある人は87.9%。その主なものは「大型・液晶テレビ・プラズマテレビ」、「国内旅行」、「パソコンやその周辺機器」など
  • 現在欲しいモノやサービスがあっても、「いずれは購入したいが、時期は決まっていない」人が7割強。中でも「漠然と思っているだけで、いつまでに購入しようという計画はない」人が多い
  • 現在欲しいモノやサービスが「ない」人の、その理由は「モノやサービスは今の生活でほとんど揃っていて満足している」が半数強

Q1.あなたは、現在お住まいの周辺環境を暮らしやすいと感じていますか。(単一回答)

(N=1,000)

現在の周辺環境について暮らしやすいかどうかを尋ねたところ、65.9%と全体のほぼ3分の2にあたる人が「まあまあ暮らしやすい」と感じています。次いで「とても暮らしやすい」と感じている人が14.3%となっており、「まあまあ暮らしやすい」と感じている人とあわせると、約8割の人が暮らしやすいと感じていることになります。「暮らしやすくない」と感じている人は1.5%にとどまっています。

  • とても暮らしやすい(14.3%)
  • まあまあ暮らしやすい(65.9%)
  • どちらともいえない(9.2%)
  • あまり暮らしやすくない(9.1%)
  • 暮らしやすくない(1.5%)
Q1.あなたは、現在お住まいの周辺環境を暮らしやすいと感じていますか。

Q2.あなたの暮らし向きは、好きなことをしたり、ほしいものを買うなど日々の生活にゆとりがありますか。(単一回答)

(N=1,000)

日々の生活にゆとりがあるかどうかの「暮らし向き」ついては、33.3%と全体のほぼ3分の1にあたる人が「ある程度ゆとりがある」と回答しています。これに「かなりゆとりがある」人、2.5%を加えると、35.8%の人がゆとりを感じていることになります。一方、「あまりゆとりがない」人は28.6%、「ほとんどゆとりがない」人は11.2%で、両者を合計すると39.8%とほぼ4割の人がゆとりを感じていないことになり、ゆとりを感じている人の割合を若干上回っています。

  • かなりゆとりがある(2.5%)
  • ある程度ゆとりがある(33.3%)
  • どちらともいえない(24.4%)
  • あまりゆとりがない(28.6%)
  • ほとんどゆとりがない(11.2%)
Q2.あなたの暮らし向きは、好きなことをしたり、ほしいものを買うなど日々の生活にゆとりがありますか。

Q3.あなたは(おひとり、またはご家族と一緒に)映画や観劇、コンサートをどれくらいの頻度で行きますか。(単一回答)

(N=1,000)

映画や観劇、コンサートに出かける頻度は、「ほとんど行かない・まったく行かない」人の割合が最も高く、30.9%となっています。次いで「半年に1回くらい」の人が20.9%、「1年に1回くらい」の人が20.8%となっており、合計41.7%と、4割強の人は映画や観劇、コンサートに出かけることがあっても、半年から1年に1回くらいの頻度となっています。2~3ヶ月に1回以上出かける人の合計は27.4%と、全体の4分の1強にとどまっています。

  • 月2回以上(2.0%)
  • 1ヶ月に1回くらい(8.3%)
  • 2-3ヶ月に1回くらい(17.1%)
  • 半年に1回くらい(20.9%)
  • 1年に1回くらい(20.8%)
  • ほとんど行かない・まったく行かない(30.9%)
Q3.あなたは(おひとり、またはご家族と一緒に)映画や観劇、コンサートをどれくらいの頻度で行きますか。

Q4.あなたは、ご自分の健康や老後について心配・不安がありますか。(単一回答)

(N=1,000)

自分の健康や老後についての心配・不安については、「すこし心配・不安がある」人が46.1%、「心配・不安がある」人が30.5%で、合計76.6%と、全体の4分の3にあたる人が何らかの心配・不安を感じていることになります。「まったく心配・不安はない」人はわずか0.7%、「あまり心配・不安はない」人も8.3%と、心配・不安を感じていない人は全体の1割にも達していません。

  • まったく心配・不安はない(0.7%)
  • あまり心配・不安はない(8.3%)
  • どちらともいえない(14.4%)
  • すこし心配・不安がある(46.1%)
  • 心配・不安がある(30.5%)
Q4.あなたは、ご自分の健康や老後について心配・不安がありますか。

Q5.あなた(またはあなたのご家族)にとって、現在最も負担感がある支出費目は何ですか。(複数回答:3つまで)

(N=1,000)

現在最も負担感がある支出費目は、「公共料金・社会保険・税金」との回答割合が44.9%と最も高く、次いで「住宅ローン」が38.4%、「食費」が34.0%、「教育費」が28.9%、「家賃」が20.7%の順となっています。

  • 1位.公共料金・社会保険・税金(44.9%)
  • 2位.住宅ローン(38.4%)
  • 3位.食費(34.0%)
  • 4位.教育費(28.9%)
  • 5位.家賃(20.7%)
  • 6位.自動車など高額品のローン(15.0%)
  • 7位.医療・介護(11.9%)
  • [以下略]
Q5.あなた(またはあなたのご家族)にとって、現在最も負担感がある支出費目は何ですか。

Q6.あなたは、家計負担の増加に対してどう対応していますか。(複数回答)

(N=1,000)

家計負担の増加への対応については、「特になにもしていない」人は11.8%にとどまっており、残りの9割近くの人は何らかの対応をしていることになります。その中で最も回答割合が高かったのが「節約して、日々の支出を抑えている」で、67.9%と7割弱を占めています。次いで「預貯金を取り崩して、所得の減少を補っている」が27.2%、「住宅や自動車の購入などの大きな支出を控えている」が19.1%の順となっています。

  • 1位.節約して、日々の支出を抑えている(67.9%)
  • 2位.預貯金を取り崩して、所得の減少を補っている(27.2%)
  • 3位.住宅や自動車の購入などの大きな支出を控えている(19.1%)
  • 4位.特になにもしていない(11.3%)
  • 5位.生命保険等を解約して所得の減少を補っている(6.5%)
  • 6位.その他(2.8%)
Q6.あなたは、家計負担の増加に対してどう対応していますか。

Q7.あなた(またはあなたのご家族)は、現在欲しいモノやサービスがありますか。(単一回答)

(N=1,000)

現在欲しいモノやサービスがあるかどうかについては、87.9%と、9割近くの人が「ある」と回答しています。

  • ある(87.9%)
  • ない(12.1%)
Q7.あなた(またはあなたのご家族)は、現在欲しいモノやサービスがありますか。

Q8.あなた(あなたのご家族)の、現在欲しいモノやサービスは何ですか。(複数回答)

(現在欲しいモノやサービスがあると回答した方のみ)

現在欲しいモノやサービスが「ある」と回答した人に、それが具体的に何であるかを聞いたところ、「大型・液晶テレビ・プラズマテレビ」と回答した人の割合が34.1%と最も高く、次いで「国内旅行」が31.9%、「パソコンやその周辺機器」が31.4%、「自動車」が28.8%、「持ち家」が24.6%、「海外旅行」が24.0%、「DVDレコーダー」が22.2%の順となっています。

  • 1位.大型・液晶テレビ、プラズマテレビ(34.1%)
  • 2位.国内旅行(31.9%)
  • 3位.パソコンやその周辺機器(31.4%)
  • 4位.自動車(28.8%)
  • 5位.持ち家(24.6%)
  • 6位.海外旅行(24.0%)
  • 7位.DVDレコーダー(22.2%)
  • [以下略]
Q8.あなた(あなたのご家族)の、現在欲しいモノやサービスは何ですか。

Q9.質問8でお選びいただいた品目について、購入時期は決まっていますか。(単一回答)

(現在欲しいモノやサービスがあると回答した方のみ)

質問8で聞いた、現在欲しいモノやサービスの購入時期については、「いずれは購入したいが、時期は決まっていない」人が71.6%と7割強を占め、「いくつかは、1年以内に購入しようと思っている」人が21.8%となっています。「全て1年以内に購入しようと思っている」人は6.7%にとどまっています。

  • 全て1年以内には購入しようと思っている(6.7%)
  • いくつかは、1年以内に購入しようと思っている(21.8%)
  • いずれ購入したいが、時期は決まっていない(71.6%)
Q9.質問8でお選びいただいた品目について、購入時期は決まっていますか。

Q10.質問9で「いずれ購入したいが、時期は決まっていない」と回答された、その理由は何ですか。(複数回答)

(現在欲しいモノやサービスがあり、いずれ購入したいが時期は決まっていないと回答した方のみ)

質問9で、現在欲しいモノやサービスについて、「いずれは購入したいが、時期は決まっていない」と回答した人にその理由を聞いたところ、「漠然と思っているだけで、いつまでに購入しようという計画はない」という人が、55.2%と半数強を占めました。次いで「養育費・教育費の負担が大きく、今は家計に余裕がない。余裕ができたら購入したい」が31.2%、「現在の価格、機能、性能ではまだ購入するには早すぎると思う」が26.2%、「今後の給料や賞与に不安があり、貯蓄に回している。不安が解消すれば購入したい」が25.1%、「住宅ローンの返済負担が大きく、今は家計に余裕がない。余裕ができたら購入したい」が23.2%の順となっています。

  • 1位.漠然と思っているだけで、いつまでに購入しようという計画はない(55.2%)
  • 2位.養育費・教育費の負担が大きく、今は家計に余裕がない。余裕ができたら購入したい(31.2%)
  • 3位.現在の価格、機能、性能では、まだ購入するには早すぎると思う(26.2%)
  • 4位.今後の給料や賞与に不安があり、貯蓄に回している。不安が解消すれば購入したい(25.1%)
  • 5位.住宅ローンの返済負担が大きく、今は、家計に余裕がない。余裕ができたら購入したい(23.2%)
  • [以下略]
Q10.質問9で「いずれ購入したいが、時期は決まっていない」と回答された、その理由は何ですか。

Q11.質問7で「ない」と回答された理由は何ですか。(複数回答)

(現在欲しいモノやサービスがないと回答した方のみ)

質問7で、現在欲しいモノやサービスが「ない」と回答した人に、その理由を聞いたところ、「モノやサービスは今の生活でほとんど揃っていて満足している」が52.1%と半数強を占め、次いで「モノやサービスという点では、今の生活で十分満足しているわけではないが将来に備えて貯蓄に充てたい」が27.3%、「モノという点では、今の生活で十分満足しているわけではないが、修理すれば使えるモノを安易に捨てずに、今使っている商品をできるだけ修理して長く使いたい」が19.8%となっています。

  • 1位.モノやサービスは、今の生活でほとんど揃っていて満足している(52.1%)
  • 2位.モノやサービスという点では、今の生活で十分満足しているわけではないが将来に備えて貯蓄に充てたい(27.3%)
  • 3位.モノという点では、今の生活で十分満足しているわけではないが、修理すれば使えるモノを安易に捨てずに、今使っている商品をできるだけ修理して長く使いたい(19.8%)
  • 4位.その他(0.8%)
Q11.質問7で「ない」と回答された理由は何ですか。

【調査データの転載・引用をご希望の方は、下記までお問い合わせください】
株式会社メルリンクス 調査データ(プレスリリース)係
TEL: 03-5408-7891/FAX: 03-5408-7893/E-mail: info@mellinks.co.jp

アンケート調査結果の一覧は、こちらからご覧ください。

☎ お客様相談窓口(電話相談サポート)

電話番号03-5408-7891  FAX03-5408-7893
インターネット調査(インターネットリサーチ)のことなら、お気軽にお問い合わせください。お電話やFAXでも承っております。
→お問い合わせフォーム

株式会社メルリンクス リサーチサポート
[電話相談サポート] TEL: 03-5408-7891
FAX: 03-5408-7893
E-mail: info@mellinks.co.jp

≪お問い合わせメールフォーム≫
インターネット調査(インターネットリサーチ)のお問い合わせ、および、ご質問につきましては、こちらの【お問い合わせフォーム】でも受け付けております。

お電話[ 03-5408-7891 ]やFAX、メールでも承っております。

≪お問い合わせメールアドレス≫
E-mail: info@mellinks.co.jp

受付時間: [電話相談サポート] 月~金 9:30~18:30

  • 打合せ等のため、日によっては、受付時間を18:00までとさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
  • 上記以外の日時でも、弊社スタッフが在社していれば、対応が可能でございます。お急ぎの場合は、一度おかけください。
  • [メール・FAX]随時受付
会員登録ページ及びMyリサーチページは、グローバルサインのデジタルIDを取得し、SSL暗号化通信に対応しています。 (株)メルリンクスは、個人情報保護に取り組む企業を示すプライバシーマークを取得しています。 当サイトでは実在性の証明とプライバシー保護のため、コモド社のSSLサーバ証明書を使用し暗号化通信を実現しています。上記のアイコンをクリックすると検証結果をご確認頂けます。

ページトップに戻る
TOPページ新着情報更新(2017.7.27)