原稿サポート。費用・価格を抑えた本を作成・出版いたします。

句集自費出版サービスのご案内 |  自叙伝・自伝の自費出版 |  作品集・画集の印刷製本 |  自費出版の種類と形式と方法 |  ご入稿の注意事項 |  自分史・記念誌印刷製本 |  執筆のコツ |  明瞭安心の低料金オプションサービス

費用を抑えるコツは、ご自身でできることは極力ご自分でおやりいただくことです。
部分的なことでかまいません。当社専門スタッフがアドバイスしますと意外と簡単にできる事柄が数多くあります。

ご自身でできる部分と、代行してもらう部分を上手に調整していくことが費用を抑えるコツといえます。
また、背表紙や奥付の無料作成サービスも利用されてはいかがでしょうか。

原稿の作り方でお悩みの方のために、本にする原稿(文字、写真、図版類など)づくりのポイントを下記にご紹介いたします。

原稿の作り方 ~ 最初に目次をつくると全体の構成を考えられる

全体の構成を考える場合、まず最初に目次をつくると全体が見えてきます。

内容を大きく分けてそれがいくつあるか書き出してみます。さらに大きな内容分類とその中にふくまれるポイントを書き出します。その順番を考えて仮の目次をつくります。

その目次にそって書いていくか、又は自分の書きやすいところから始めるか、また自分の書こうとしているジャンルの本を参考にしながら書いていくのも良いでしょう。

■ 費用を抑える原稿のつくり方

原稿は、本に掲載する文字、写真、図版類などの全て情報のことを指します。
印刷所に文字、写真などの原稿類をレイアウトして入れる(渡す)ことを入稿と言います。

その原稿類がわかりやすく整理されていますと、後工程が無駄なく進行します。

整理されていない原稿類だと編集レイアウトの代行費用が発生しますので、費用を抑えたい場合は、極力ご自身で約束ごとを守って、原稿をつくられることをお薦めします。

ただ、文章原稿は書きあげたけど内容に自信がないので、チェックしてもらいたい、編集・レイアウトをしてほしい場合は遠慮なくお申しつけください。

ご自身でできる工程と代行してもらう工程を切り分けていけば費用が抑えられます。

ご自分で原稿がつくれない時は、テープに録音していただいたものを文章に起こしたり、直接お話をお聞きしながら文章化(オプション)することも可能です。

デジタル+アナログ原稿(デジアナ原稿)の場合、出力したものをそのまま版(版下)として使うと安く、早く本ができます

パソコンのレイアウトソフト(ワード等)で作成したデータをプリンターから出力し、出力紙や印画紙を、そのまま版(版下といいます)として入稿することができます。

文章作成からレイアウト(割り付け)までをパソコンで行い、最終アウトプットはアナログの紙原稿をレーザープリンターで出力します。

お客様が作成されたデータがそのまま使用可能なら組版、編集作業がなくなりますから、安く、早く本をつくることができます。

最近は、お客様サイドで上手に編集されてご入稿されるケースも多く、プロ並みの立派な本ができています。事前に弊社スタッフと打ち合わせをしておくことがポイントです。

本文を印刷する軽オフ印刷の場合は、お客様が作成されたデータをレーザープリンターから普通紙で出力したものを入稿します。
この紙原稿を製版カメラで焼いて版を作り印刷機にかけるやりかたが安く印刷するポイントです。

文字中心の原稿内容であれば、データから直接印刷するデジタル印刷に比べて安価でしかもデータトラブルの心配がないメリットがあります。

ただ、写真・画像類がそのままではあまり綺麗に印刷できないデメリットもあります。そのままでも、綺麗さにそれほどこだわらなければ、費用をかけずにそこそこ綺麗に印刷する方法もあります。

ご相談いただければ、ご説明をさせていただきます。また若干の費用をかければ、写真・画像類は綺麗に印刷する方法がございます。別途、ご案内をさせていただきます。

表紙カバーをカラー印刷したい場合は、Illustrator(アドビ)等で作成されたデータが最も適しています。
デジタル・アナログの原稿作成は、弊社スタッフと事前に打ち合わせをしてから原稿作成にとりかかられることをお薦めいたします。

デジタルデータ原稿なら、綺麗に安く本ができます

パソコンのレイアウトソフト(ワード等)で作成したデータを版下原稿として使うことができます。

ほとんどのお客様は、文書を書くのも、レイアウト(割付)するのもパソコンのレイアウトソフト(ワードや一太郎等)を利用されています。

印刷用の版下原稿を作成する作業は、今日パソコン等で編集したデジタルデータをご入稿いただくことが多くなりました。
お客様がデータを作成すれば、デジタルデータ作成費がかからないので費用が安くすみます。

本文のデジタル印刷は、作成されたデータをご入稿いただきそのデータから直接印刷することになります。

お客様のパソコンで作成されたデータも、いくつかの約束ごとを確認したうえでデジタル印刷機にて印刷することが可能となります。

ところが、マイクロソフトの「Word」「Excel」「PowerPoint」で作成されたデータが問題です。そもそもマイクロソフト社のソフトはビジネスユース向けに開発されたアプリケーションで商業印刷向けに開発されたものでないため、商業印刷する場合は、いくつかの問題があります。

これらのソフトは、出力が出力機(プリンター)側で制御されているため、出力機(プリンター)が変わるといろいろの不具合が発生します。

例えば、文章の最後の1行が次にページに改行されたり、表組みのセルの中も文字が隠れたりとか、画像の一部が欠けたり等々の問題が発生することがあります。

当社では、上記のような不具合が発生しないようにお客様がご入稿されたWordデータから印刷用PDFデータ(フォント埋め込み済み)を無料にて再作成しております。

カラー印刷したい場合は、アドビ社のIllustrator等で作成されたデータが最も適していますが、一般の方はほとんど使われていないソフトです。

マイクロソフトの「Word」「Excel」「PowerPoint」で作成されたデータでもカラー印刷が可能ですが、根本的にいくつか問題があります。商業印刷のカラーは、CMYKの4原色での再現しますが、マイクロソフトの「Word」「Excel」「PowerPoint」はRGBの3原色のため、強制的にRGBからCMYKに変換して印刷することにより色が変わります。

また「Word」「Excel」「PowerPoint」には、トンボ機能がないために、別途トンボをつける必要がでてきます。

でも、大丈夫です。私どもが印刷用のデータに仕上げますのでご安心ください。

  • 入稿原稿のご参考
    • データをプリントアウトした出力紙を入稿する。
    • サブ入稿物としてオリジナルのソースデータとPDFデータの両方を渡す。
    • USBメモリーやCD-Rは必ず複製したもの入れて渡す。
    • 使用したパソコンの機種名、OSのバージョン、ソフト名、ソフトのバージョン、使用フォントを明記した情報を渡す。
    • 該当文書データがどれかすぐ分かるようにしたファイル(登録文書)の一覧表をつける。
    • デフォルトフォント以外のフォントを使用した場合は、フォントリストををつける。

手書き原稿でも大丈夫! 本格的な本ができます

原稿用紙は、同型のものを使い、通し番号をつけて順番が分かるようにしておきます。

原稿用紙への書き方は、ひとますに一文字ずつ、文字を崩さず丁寧に書くことが基本です。

あとから何回も加筆した場合は、読みやすいように清書をしておきます。

また、写真、イラスト図版などの挿入部分はどこの箇所にどの写真、イラスト図版が入るのかを誰が見てもわかるように指示の記載をいれます。
以上のように、読みやすい手書き原稿をまとめておけば、文字入力料やレイアウト料の費用が抑えられます。

文字原稿の総量と写真、イラスト図版の点数・色が判明した段階で、初期見積もりが算出されます。

写真やイラストのアナログ原稿でも入稿可能です!

■ 写真の入稿

本の中に写真が入る場合は、文字原稿と同様、写真にも通し番号を付けます。(A、B……とか写1、写2……とかア、イ、ウとか)
写真原稿の整理番号の付け方は、写真の裏に付せん紙(付せん紙の一部分をセロテープを貼る)をつけて番号を記入してください。写真の裏に直接水性ペンで記入すると写真が汚れますので注意してください。

写真は、デジカメのデータ、プリント(街の写真屋さんで印画紙に焼いたもの)、ポジフィルム(リバーサルフィルム・スライド用と同種)、ネガフィルム(印画紙に焼き付ける前の陰画フィルム)があります。印刷原稿としてはプリントかポジフィルムを使います。ネガフィルムはプリントにしてください。デジカメのデータは、モノクロ印刷の場合は、プリントに、カラー印刷の場合は、高解像度で撮影したデジカメデータとそのデータから出力したプリント見本を入稿してください。

カラー写真をカラー印刷する場合は、高解像度で撮影したデジカメデータとポジフィルムが優れています。また、プリントは、絹仕上げではなく光沢仕上げのほうがベターです。

1枚の写真をどのように使うのか(全部使うのか、一部分だけ使うのか、角で使うのか、丸く使うのか)の指示書を渡します。これをトリミングと言います。

  1. コピーを使って拡大や縮小して、必要な部分をはさみやカッターを使って切る方法
  2. 必要な部分を線で囲む方法
  3. 写真にトレーシングペーパーなどの半透明のうすい紙をのせ、その紙に必要な部分を線で囲む方法があります
    ※書き込む際の注意事項:ボールペンで書くと写真に傷がつくことがあるのでボールペンは不可です。筆先の柔らかい色(赤)鉛筆がベターです。

※書き込む際の注意事項:ボールペンで書くと写真に傷がつくことがあるのでボールペンは不可です。筆先の柔らかい色(赤)鉛筆がベターです。

■ イラスト・絵・図版類の入稿

イラスト・絵・図版類も基本的には、写真と同様で、大きいもの、厚いもの、凹凸のあるものによって取り扱い方が変わってくることがあります。

製版の工程では、大きいもの、厚いもの、凹凸のあるものは現物をそのまま使うことが不可で、写真撮影(物撮り)等が必要な場合があります。
事前に、当社スタッフにご相談をいただくことによってスムーズに進行が可能です。

冊子類の割引システム

自費出版物に於いて、定期的に発行(年4回以上発行)される冊子類は割引システムがあります。
割引価格はサイズ、頁数、部数などの条件により異なります。詳しくは、お問合せください。

初めての方でも安心のアドバイス・サポート充実

少部数の印刷製本に対応! 複数のデジタル印刷機にて必要な部数が印刷できます!

メルリンクスは、パソコンデータや紙原稿から少部数の冊子を、デジタルやアナログの軽オフセット印刷機を用いて印刷している東京港区新橋の印刷会社です。

弊社では、自費出版に関して懇切丁寧に大切な本創りをお手伝いをさせていただきます。印刷・製本・出版ついてなんなりとご相談ください。お問合せをお持ちしております。

お客様の、ご要望に沿った冊子を迅速かつ丁寧に対応させていただきますので、安心してご入稿ください。

当社で印刷した各種冊子・本の実績が多数ありますので、弊社にご来社いただければ、手にとってお確かめいただけます。

少部数のプライベート本・私家本など、目的に応じた本づくり(自費出版・個人出版)をお手伝いします。お気軽にご相談ください。

出版の料金例

本のジャンル・種類は、自分史、自叙伝、句集、歌集、詩集、エッセイ、小説、歴史研究、評論、思想など基本的に制約はありません。

費用は100ページ100部で簡易版8万3千円(税別)、標準版14万円(税別)、本格版27万円(税別)、豪華版39万5千円(税別)からです。

10部から50部程度の部数は少部数専用印刷機で対応いたします。低価格なので気軽に出版することができます。

詳細は、価格表が掲載されているこちらのページをご覧ください。

弊社の特徴・各種サービス

ご予算に応じた本づくりができます
サイズ、製本、装丁等、事前に綿密な打ち合わせをいたします
ご来社いただく際のアクセスがよく便利です
弊社事務所が東京都港区新橋にあるのでお打ち合わせでご来社いただくのにもアクセスがよく便利です
わりと簡単に自費出版・個人出版ができます!
並製本から上製本まで、少部数体制だから低価格の冊子をご提供させていただきます。
デジタル印刷にも対応
少部数でも大丈夫
B6判サイズ(180mm×128mm)、本文100ページ=100冊…27万円より
アナログ原稿をデジタル版下データ化など
<オプション>各種フォロー体制充実
原稿に自信がない方に、
<オプション>プロのライター添削・リライトサービス
文章が苦手な方も安心です
<オプション>インタビューによる取材と各種の資料を参考にライターが執筆いたします
リライトから取材執筆も
<オプション>企画から編集、執筆までベテラン編集者がご相談に応じます
テープに録音するだけで
<オプション>原稿作成が完成するサポートサービス
制作期間
文字量、組み方、製本、装丁、写真(カット)点数等により制作期間は異なりますが、通常約3週間~2カ月程度かかります

☎ お客様相談窓口(電話相談サポート)

電話番号03-5408-7891  FAX03-5408-7893
原稿のこと、費用・価格のこと、ご相談を受け付けております。ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→お問合せフォーム

自費出版のことなら、お気軽にお問合せください。
お電話やFAXでも承っております。

株式会社メルリンクス コミュニケーションツール サービスサポート
[電話相談サポート] TEL: 03-5408-7891
FAX: 03-5408-7893
E-mail: info@mellinks.co.jp

≪お問合せメールフォーム≫
自費出版のお問合せ、および、ご質問につきましては、こちらの≪お問合せフォーム≫でも受け付けております。

お電話[ 03-5408-7891 ]やFAX、メールでも承っております。

≪お問合せメールアドレス≫
E-mail: info@mellinks.co.jp

受付時間: [電話相談サポート] 月~金 9:30~18:30

  • 打合せ等のため、日によっては、受付時間を18:00までとさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
  • 上記以外の日時でも、弊社スタッフが在社していれば、対応が可能でございます。お急ぎの場合は、一度おかけください。
  • [メール・FAX]随時受付

[印刷・製本の仕上がり見本]ご来社受付
印刷・製本の仕上がり具合を確認なされたい場合は、土、日、祝日もPM2:00~PM5:00まで営業(不在の場合もございます)しておりますので、お電話などでご連絡のうえご来社いただければご覧いただけます。


ページトップに戻る
コミュニケーションツールサービスTOPページ更新(2017.7.26)