印刷製本(モノクロ印刷・カラー印刷)の入稿時の注意点を説明します。

お問合せは TEL:03-5408-7891
会社案内 MAP
コミュニケーションツールサービスTOP 印刷・製本サービス 印刷・製本価格表 自分史・記念誌サービス 上製本・ハードカバー製本 自費出版・個人出版サービス
TOP
印刷製本 ご入稿の注意事項
(本の内容やご予算(費用)にあわせて、印刷製本方法を選択が可能です)

【安い・速いモノクロ印刷:デジタル+アナログ原稿(デジアナ原稿)】
【出力したものをそのまま版(版下)として使うダイレクト印刷(紙版印刷):入稿のポイント】
パソコンのWord等の文書作成アプリケーションソフトで作成したデータをプリンターから出力し、出力紙(普通紙)や印画紙を、そのまま印刷の版下原稿として入稿することができます。文章の入力からレイアウト(割り付け)作業までをパソコンで行い、パソコンでの作業が終了したらアナログの紙原稿をレーザープリンターで出力します。

お客様が作成されたデータがそのまま印刷に使うことができれば印刷会社による組版、編集作業(DTP作業)がなくなりますから、安く、早く本をつくることができます。近年、お客様はWord等で上手にオペレーション・編集されてご入稿されるケースも多く、専門家が組版、編集作業したような立派な本ができています。ご入稿前から、弊社スタッフと事前打ち合わせをしておくことが安く、立派な本を作るコツです。

本文を印刷する軽オフ印刷の場合は、お客様が作成されたデータをレーザープリンターから普通紙(写真等画像類を綺麗に印刷する場合は、印画紙)で出力したものを入稿していただきます。「紙版印刷」とも呼ばれ、この紙原稿である版下をアナログの原稿を版に焼き付けて印刷機かけるやりかたが費用を抑えて一番安く印刷する方法です。
文字中心の原稿内容であれば、データから直接印刷するデジタル印刷に比べて格安で、しかもアナログ印刷方式のためデータトラブルの心配がないメリットがあります。紙版印刷は、低価格で印刷が出来る等のメリットの反面、写真類(画像)があまり綺麗に印刷ができないデメリットがあります。ただ工夫次第ではお金をかけずにそこそこ綺麗に印刷する方法がありますのでお問合せください。

表紙カバーをカラー印刷したい場合は、Illustrator(アドビ)等で作成されたデータが最も適しています。デジタル・アナログの原稿作成は、弊社スタッフと事前に打ち合わせをしてから原稿作成にとりかかれるたほうが効率的かと存じます。
画像の濃淡表現は網点(アミテン)で表現されますので、モノクロレーザープリンターで、その原稿の網点(アミテン)をプリントアウトすることができればそこそこ綺麗に印刷ができます。弊社にご来社いただければ、印刷見本がございますのでお手にとってご確認いただけます。

弊社では紙ベースでの入稿・データでの入稿、どちらでもOKです。
Windowsのデータ入稿の場合、ページ編集したPC環境と違うPC環境で出力する時には文字化けや改行位置のズレ(レイアウト崩れ)などの文字校正(お客様責任校正)が必要です。

『ダイレクト印刷(紙版印刷)入稿時の注意点』
印刷では1枚の用紙(A3・B4用紙)に表裏4頁分もしくは8頁分を印刷し、それを2つもしくは4つに折り製本します。 従って面付け作業も、表面と裏面の2種類の版下を作成しなければなりません。

≪アナログ原稿入稿≫
■文字
ゴシック体やボールド(太字)をかけている文字は目が詰まった状態になり 、印刷でインキがのると文字の線が若干太くなりつぶれやすくなります。ただ、モノクロレーザープリンターで出力すれば大丈夫です。インクジェットプリンターだとプリントアウトした原稿レベルで文字がつぶれます。
濃度の薄い文字・網点は読み取れません。特にカラーで作成されたデータをそのままプリンターからプリントアウトした時に注意が必要です。文字の印字濃度が薄くて見えにくくなります。カラーで作成されたデータは、アミカケ(グラフ等)の階調を確認のうえグレースケールにてモノクロレーザープリンターでプリントアウトしてください。

■位置
プリントアウトした原稿の誤字・脱字・汚れ・歪み等は、そのまま印刷に反映されます。校正済みの原稿を入稿してください。入力からのご注文、オフセット印刷による多色印刷等の場合は、校正・色校正を行います。 必要な場合はご連絡ください。だだし、日数を要します。規格サイズの用紙にプリントアウトされたレイアウト位置が、仕上がり位置となります。各ページのプリントアウトする位置は、用紙に対して上下左右の位置を統一し合わせてください。頁ごとのがたつきは、仕上がりでもがたつきます。

■インデックス・断ち切り
本が出来あがった状態で、紙の端いっぱいにまで印刷部分(線・ベタ)がある場合は、塗り足しが必要です。塗り足しは、仕上げ位置から3ミリ以上必要ですから、仕上げ寸法よりも大きい目の用紙で原稿をプリントアウトしてください。塗り足しが3ミリ以上ない場合は、印刷部分(線・ベタ)が紙端まで届かず途中で切れた状態に仕上がります。

■面付け
「1枚の用紙に2ページ以上を付け合せプリントアウトする場合」

「面付け」を参照してください。 各ページを片面でプリントアウトしてください。 ページとページの継ぎ目部分は用紙のセンターに合せてください。 プリントアウト位置はすべて統一してください。
「1枚の用紙に1ページをプリントアウトする場合」
本の背中に背文字を印刷する場合も原稿が必要です。本文原稿と同じ大きさの用紙に、縦書きで印刷する場合は縦書きの原稿、横書きで印刷する場合は横書きで背文字のみをプリントアウトしてください。文字の大きさ・書体もそのまま印刷されます。

■頁順(ページの順番)
プリントアウトした原稿は、ページの順番にならべてお送りください。 印刷面にページ番号がない場合は、裏面に通し番号を記入してください。印刷のないページ(白ページ)も通し番号に数えてください。

≪デジタル原稿入稿≫
【本文モノクロ印刷:データ入稿のポイント】
本文モノクロ印刷で、特に写真画像等の印刷品質にこだわりたい場合は、データから直接、印刷することでアナログ印刷に比べて写真画像類は綺麗に印刷することができます。
詳細は、「自費出版」原稿づくりのポイントのページをご参照ください。

「対応ソフト」
Adobe Illustrator
Adobe Photoshop
Quak XPress
Microsoft Word
Microsoft Excel
Microsoft Power Point

「対応メディア」
FD・CD-R
フラッシュメモリー

「対応書体」
書体についてはご相談下さい。
プロポーショナルフォントは絶対に使用しないで下さい。プロポーショナルフォントは出力時に字詰めが変わります。
(例:MS P 明朝、MS P ゴシック、DFP〜体など)

【カラー印刷:データ入稿のポイント】
カラー印刷の場合は、データからの印刷が基本となります。ただ従来からのアナログの版下を作成しそれをベースに製版フイルムを起こす刷版印刷方法でも対応可能です。

「対応ソフト」
Adobe Illustrator
Adobe Photoshop
Quak XPress
Microsoft Word
Microsoft Excel
Microsoft Power Point

「対応メディア」
FD・CD-R
フラッシュメモリー

「対応書体」
書体についてはご相談下さい。
プロポーショナルフォントは絶対に使用しないで下さい。プロポーショナルフォントは出力時に字詰めが変わります。
(例:MS P 明朝、MS P ゴシック、DFP〜体など)

『カラー印刷:ご入稿時の注意事項』
(1)Windows系ソフト(Word・Excel・Power Pointなど)で作成されたデータ、及びそこからPDFに変換したデータでは、印刷時に色彩が変わります。ご了承ください。
(2)画像の解像度は印刷サイズで350dpi以上にして下さい。これ以下の解像度ですと粗くなってしまいます。目視でご確認頂く場合は、画面上で400%程度まで拡大して画像がきれいならOKです。
(3)特別なフォントをお使いの場合、下記のいづれかを行ってください。
   ・Illutratorの場合、必ずアウトラインをかけてください。
   ・Wordなどの場合、ご使用になりましたフォントデータを添付してお送りください。
(4)PDFでご入稿の場合、PDFへ変換する際プロパティの「フォントの埋め込み設定」で「すべてのフォントを埋め込む」にチェックをしてから変換して下さい。この設定がされていないと、文字ずれなどが起こる場合があります。
(5)ご入稿の際は、データと一緒に お客様のプリンターから出力した見本を2部 添付してお送りください。
(6)対応ソフトの注意事項は下記をご参照ください。
(7)弊社はご入稿後に半金、納品時に半金のお振込をいただくことになっております。ご了承ください。

『対応ソフトの注意事項』
<Adobe Illustratorの場合>
必ず、作成のバージョンで保存して下さい。アウトラインデータが低解像度で出力されるなどのトラブルが発生します。
カラーは必ずプロセスカラー(CMYK)をお使い下さい。特色やスポットカラーを使われますと、その色が出力されなくなります。
画像データを配置する場合は配置する画像データの解像度を300〜350dpi程度で保存して下さい。(解像度が低いと画像が荒くなります。)配置した画像は忘れずに添付して下さい。
保存はIllustrator EPS形式で、このとき画像データを配置してあればオプションの配置した画像を含むにチェックを入れて下さい。
Illustrator7.00はご使用にならないで下さい。7.01をご使用下さい。縦書きのオブジェクトに重大なバグがあります。Adobeサイトよりアップデータをインストールして下さい。
複雑すぎるグラデーションはトラブルの原因となる場合があります。できるだけフォトショップデータに変換して下さい。
Illustrator9.0以上で作成の場合、書類設定→透明→プリント・データ書き出しのスライドを高画質/低速に設定して下さい。

<Adobe Photoshopの場合>
画像解像度は300〜350dpi程度、ファイル形式はCMYKカラーのEPS保存にして下さい。(解像度が低いと画像が荒くなります。)
レイヤーは必ず統合してください。隠れたレイヤーやテキストレイヤー等はベクトルデータとして出力されない等のトラブルがございます。

<Microsoft Word・Microsoft Excel・Power Pointの場合>
RGBソフトなので、画面・出力見本の色と印刷の色が異なってしまいます。特に明るい色はくすんだ色になってしまいますのでご注意下さい。どのように変わるかは印刷してみないと分かりません。特に厳しい場合はCMYK対応ソフトで作成することをお勧め致します。
データを通常保存して下さい。文字が当社の文字に置き換えられます。このため文字の形が多少変化します。特殊文字等は使用することができなくなります。
ワードアートは文字が抜けるなどの出力トラブルがございます。当社ではご使用をお勧め致しておりません。





印刷・製本の仕上がり具合を確認されたい場合は、土、日、祝日もPM2:00〜PM5:00まで営業しておりますので、事前にお電話などでご連絡のうえご来社いただければご覧いただけます。

☎ お客様相談窓口
印刷製本(ご入稿の注意点等)につきまして、お気軽にお問合せください。
お電話やFAXでも承っております。
株式会社メルリンクス コミュニケーションツール サービスサポート
TEL: 03-5408-7891 FAX: 03-5408-7893
印刷製本について≪フォーム≫からのお問合せは、こちらからどうぞ  (お電話やFAXでも承っております)

E-mail: info@mellinks.co.jp
受付時間: [電話]月〜金 9:30〜18:30
※上記以外の日時でも、弊社スタッフが在社していれば、対応が可能でございます。
 お急ぎの場合は、一度おかけください。

[メール・FAX]随時受付
ページトップへ  PAGE TOP
| 印刷が安い | 冊子印刷、小冊子印刷の価格表(料金表) | 報告書印刷製本 | 自分史・記念誌印刷 | 社史・年史・記念誌印刷 |
| 自分史・記念誌印刷製本 お問合せ兼お見積り依頼シート | 自分史・記念誌 印刷・製本発注書 |
| 自費出版・個人出版のすすめ | ご入稿の注意点 | 自費出版とは | 自費出版サービス |
| 印刷製本用語集 | 原稿づくりのポイント | 自費出版・個人出版 お問合せ兼お見積り依頼シート |
| 文芸同人誌・文学同人誌の印刷製本 | 同人誌・会報誌の冊子印刷 | 同人誌について |
| 同人誌印刷(簡易版・標準版) | 同人誌印刷製本・小冊子印刷製本 お問合せ兼お見積り依頼シート | 同人誌印刷・製本発注書 |
| 学会誌・科研費報告書印刷 | セミナーテキスト・資料・小冊子印刷 | 部活動文集・会報印刷 |
| 俳句・俳句集・短歌・和歌・歌集印刷 | 俳句集・歌集・遺稿集など印刷製本お問合せ兼お見積り依頼シート | 営業ツール・セミナー小冊子印刷 |
| リング製本(ツインループ製本)&データ出力 | コピー製本 | ソフトカバー製本受付 | 各種製本サービス(並製本・上製本・各種加工) |
| 軽オフ印刷・製本お問合せシート | 軽オフ印刷・製本発注書 |
| 会社概要 | 求人情報 | 会社地図 MAP | 自費出版ドットコム | 上製本ドットコム |
コミュニケーションツールサービスTOPページ(17.7.26)
お客様の声こそが私たちの指針です。
あなたさまからの声を心よりお待ちしております。
■こちら(info@mellinks.co.jp)からご送信をお待ちしております。
Copyright (c) MELLINKS CO.,LTD. All rights reserved.