コミュニケーションツールサービス TOP > 自費出版と印刷製本の専門用語集

自費出版・印刷製本 「 専門用語集 」

句集自費出版サービスのご案内 |  自叙伝・自伝の自費出版 |  自費出版の種類と形式と方法 |  ご入稿の注意事項 |  原稿づくりのポイント |  自分史・記念誌印刷製本サービス |  執筆のコツ |  明瞭安心の低料金オプションサービス

印刷や出版の世界では、一般の人が普段使わないような専門用語が使われています。自費出版をする場合、専門用語の意味を正しく理解して進めることが大切です。ここでは、自費出版を進めるのに必要な印刷、製本の専門用語を紹介します。

本を作るときに知っていたほうがよい自費出版や印刷製本の専門用語をを下記(五十音順)に記載しました。

「アタリ(あたり)」
レイアウトの指定で、写真や図版の入る場所・位置のこと。角版(四角い写真)の写真なら入るべき位置にアタリ用の写真を入れておく。あくまでもアタリなので、印刷する前に最終の写真に入れかえる。位置を示す線を「あたり罫」といいます。
軽オフ印刷の紙原稿版下の場合は、該当写真のコピーを紙原稿版下に貼りこみ、元の写真(プリント等)を反射原稿として別添入稿する。
印刷は、その反射原稿からカミヤキをとり紙原稿版下のアタリと差し替えて印刷。ただ、費用をかけないでモノクロ印刷をする場合は、カミヤキをとるのではなく、自己所有のスキャナーで該当写真を取り込みそれを版下に貼りこみ、そのデータをレーザープリンターで出力をする方法もある。
「アミ点」
凸版、オフセット印刷で写真やグラフ・チャート・見出しの帯など階調のあるものを再現する場合に使う。点の大きさによって濃淡を表す。1インチ幅に網点が何列あるか、網点の大きさ、細かさは線数という単位で決まっている。
新聞のモノクロ写真のように、灰色の部分を小さな点(ドット)の集合体にして潰れないようにする。軽オフ印刷用の紙原稿版下をプリントアウトする場合は、モノクロレーザープリンターで出力すれば網点を再現できる。インクジェットプリンターやカラーレーザープリンターは網点を再現できません。
塗り潰しになってしまうので、軽オフ印刷用の紙原稿版下には不可です。
「イキ」
校正時に、一度入れた赤字を取り消す時に使う。一旦消した指示事項を復活させること。
「色校正(いろこうせい)」
色指定した部分がイメージに近い色に印刷で再現されているか確認すること。
「色見本帳」
カラーチップ。特色の色見本帳(画材店などで販売している…DIC等)。インキ会社が独自の配合で作った色。CMYKで表わせない金、銀なども使われる。
「奥付(おくづけ)」
書籍の最後に書名・著者名・発行者名・発行所名・発行年月日・版数・印刷所名・定価などをまとめて印刷されるページのこと。
「網点(あみてん)」
凸版、オフセット印刷で写真など階調のあるものを再現する場合に使う。軽オフ印刷の紙原稿版下(写真入り)を作る場合、新聞のモノクロ写真のように点々(ドット)の集合体になるようレーザープリンターで出力すると紙原稿の版下でもそこそこきれいに印刷ができる。
「下版(げはん)」
校了になった版を刷版、印刷工程にまわすこと。
「校正(こうせい)」
誤字・脱字などの間違いがないかチェックすること。
「校正記号(こうせいきごう)」
校正(赤字をいれる)に使う記号。
「背文字(せもじ)」
本の背の部分に入れるタイトルや著者名などの文字のことをいいます。
「小口(こぐち)」
本の「背」と「のど」にあたる部分を除く3方の辺で、製本の時に「化粧断ち」される部分を小口と言うが、それよりも「背」「のど」の反対側のみを指して言うことが多い。
「刷版(さっぱん)」
印刷機にかけるために、金属、樹脂版やPS版に焼き付けた版のこと。
「入稿(にゅうこう)」
原稿・版下等を印刷所に渡すこと。軽オフ印刷の入稿形態は、3種類あります。1つは、ワード等のアプリケーションソフトで文字や写真などをレイアウトしたデータを出力ゲラ(サンプル)を添付して入稿する。
もう1つは、レイアウトしたデータをレーザープリンターから出力し、その出力紙を入稿する。さらに、全て手書きの原稿を入稿して編集、レイアウトを印刷所へ依頼する方法がある。
「初校(しょこう)」
最初に出す校正。
「再校(さいこう)」
二回目の校正。二校ともう言う。
「三校(さんこう)」
三回目の校正。
「念校(ねんこう)」
校了、責了になる前に念のためにする校正。
「責了(せきりょう)」
校正で訂正箇所が少ない場合、印刷所の責任で直し、校了とすること。
「校了(こうりょう)」
校正の最終段階で、もうこれ以上直す箇所がないという状態。
「特色(とくしょく)」
CMYKの組み合わせでなく、インキ会社が独自の配合で作った色。インキ会社から色見本帳が販売され、その見本帳の番号、チップで色指定をおこなう。
「扉(とびら)」
本の章や内容を区別するため、各ブロックの最初の頁に単独でタイトルや見出しを印刷したもの。巻頭の扉を本扉、本文の中に入る扉を中扉という。
「トリミング」
主に、写真原稿の画面の必要(任意)な部分だけを抜き出して使うこと。
「トンボ」
刷版作成時、印刷時、製本・仕上げ時など、見当合わせのための目印(マーク)。版面の外にあり、十字型で昆虫のトンボを連想させるため、こう呼ばれています。
十字型以外に、四隅を合わせるための角トンボがあります。これがついてないと多色刷りの場合には位置合わせをすることさえできません。
軽オフ印刷で紙原稿版下の場合は、トンボは不要です。それぞれの仕上がりサイズと同じ原稿を入稿すればOKです。
「抜き刷り(ぬきずり)」
必要な頁を特に抜き出して印刷したもの。その頁に登場した著者・作者の要望などで抜き刷りにする。
「のど」
本の綴じ目部分。本の真ん中の綴じてある部分のこと。
「ノンブル」
本のページ番号。
「箔押し(はくおし)」
金箔や銀箔、アルミ箔などを押し付けて印刷すること。書名やマークに使われることがある。
「版下(はんした)」
製版に入る前の段階の版。
「判型(はんけい)」
本のサイズ。印刷物の大きさ。A判、B判、菊判、四六判、新書判などがある。
「ベタ」
網をかけずに塗りつぶす(色指定では100%)こと。
「本刷り(ほんずり)」
校了になった版を下阪し、指定された部数を印刷すること。
「面付け(めんつけ)」
1枚の用紙に同じ頁、同じ面を複数印刷できるように刷版を焼き付けること。頁物を印刷して折った時に頁順に揃うように刷版を配置すること。
「見返し(みかえし)」
表紙と裏表紙の裏側(表2と表3)に貼り付ける。表紙に貼るほうを「見返しきき紙」、本文前にくるほうを「見返し遊び」と言います。中身を保護するためと本の耐久力を保持する役割を持っています。
「落丁(らくちょう)」
本の中の頁が一部抜け落ちていること。
「乱丁(らんちょう)」
本の頁順が違っていたり、天地が逆になっていたりしていること。
「ルビ」
漢字の脇や上につける振り仮名のこと。
「割付(わりつけ)」
文章や写真、イラスト、図版などを紙面にどう配置するかを決めること。

初めての方でも安心のアドバイス・サポート充実

お客様の、ご要望に沿った冊子を迅速かつ丁寧に対応させていただきますので、安心してご入稿ください。

自分史・記念誌などは当社で印刷した各種冊子・本の実績が多数ありますので、弊社にご来社いただければ、手にとってお確かめいただけます。

印刷製本に関する「フォーム」からのお問合せは、こちらからどうぞ
E-mail: info@mellinks.co.jp

☎ お客様相談窓口(電話相談サポート)

電話番号03-5408-7891  FAX03-5408-7893
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→お問合せフォーム

自費出版の印刷製本のことなら、お気軽にお問合せください。
お電話やFAXでも承っております。

株式会社メルリンクス コミュニケーションツール サービスサポート
[電話相談サポート] TEL: 03-5408-7891
FAX: 03-5408-7893
E-mail: info@mellinks.co.jp

≪お問合せメールフォーム≫
自費出版の印刷製本のお問合せ、および、ご質問につきましては、こちらの≪お問合せフォーム≫でも受け付けております。

お電話[ 03-5408-7891 ]やFAX、メールでも承っております。

≪お問合せメールアドレス≫
E-mail: info@mellinks.co.jp

受付時間: [電話相談サポート] 月~金 9:30~18:30

  • 打合せ等のため、日によっては、受付時間を18:00までとさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
  • 上記以外の日時でも、弊社スタッフが在社していれば、対応が可能でございます。お急ぎの場合は、一度おかけください。
  • [メール・FAX]随時受付

[印刷・製本の仕上がり見本]ご来社受付
印刷・製本の仕上がり具合を確認なされたい場合は、土、日、祝日もPM2:00~PM5:00まで営業(不在の場合もございます)しておりますので、お電話などでご連絡のうえご来社いただければご覧いただけます。


ページトップに戻る
コミュニケーションツールサービスTOPページ更新(2017.7.26)