コミュニケーションツールサービス TOP > ハードカバー(上製本)サービス

ハードカバー(上製本)サービス

上製本「価格表」 |  「活版印刷再び脚光」を読んで |  ソフトカバー製本(並製本)価格表 |  布張り製本・サンプル写真 | 

当社が作成したハードカバー製本ハードカバーの上製本は、厚みのある表紙の高級な製本で出版することの多い製本形式です。丈夫で長持ち、高級感にあふれ耐久性に優れています。

あなただけのハードカバーオリジナル製本をお作りいただけます。

自分史、自叙伝、記念誌、句集、歌集に、追悼集など上質で特別な一冊をお手伝いいたします。

メルリンクスは、少部数のハードカバーの冊子を、デジタルやアナログの軽オフセット印刷機を用いて印刷している東京港区新橋の製本印刷会社です。

【 製本を注文するとき知っておきたい製本の基礎知識 】

「上製本」を注文するにあたっては、製本の方法・用語などの基礎知識が役立ちます。

上製本(ハードカバー)は、並製本(ソフトカバー)と違って費用が高くなることもあり、ご自身の作品や、ご家族・知人へプレゼントする豪華本を作成する際には概略をつかんでおくことはとても重要です。

製本形態や表紙クロスの種類等を知っていれば、自分の求めている本の出来上がりをイメージすることができる為、製本の依頼をする際にスムーズに自分の希望を正しく伝えることができます。

表紙の仕立て方などの製本知識の概略を下記に記載します。

≪上製本とは≫

本の本文(中身)を糸を使用してかがり(紙を縫うような感じ)、表紙を本文よりも一回り大きいハードカバーでくるむのが「上製本」です。

表紙は厚手の芯ボールの表面に高級クロスをくるんで貼り込みます。ハードカバーの表紙と本文(中身)との寸法差を「チリ」と言います。固くて大きい表紙で本体をくるむことにより、このチリ(通常2~3mm程度)の部分が本文(中身)を保護しています。

表紙や背文字には、書名などの文字と金や銀色の箔押しをすることにより豪華さが際立ちます。

この製本方法の特徴は、長期保存に適し、見栄えがよいということです。 経年劣化で本がバラけてしまう事はほとんどありません。

ただ、費用は並製本より上製本のほうが高くなります。

「ソフトカバー製本(並製本)」の価格表等の詳細は次のページをご覧ください。

≪表紙の仕立て方≫

表紙は、芯ボールに板紙などの厚い紙を使用した厚表紙と芯紙に薄い紙を使用した薄表紙があります。

≪表紙クロスはお選びいただけます≫

ハードカバーの表紙は、布クロス、レーザクロス等の各種見本帳から色柄をお選びいただけます。

≪上製本の形態≫

上製本には、「角背製本」と「丸背製本」があります。文字どおり、背の形が「丸」か「角」の違いです。100部以下の少部数は、角背となります。

ハードカバーの表紙は、布クロス、レーザクロス等の各種見本帳から色柄をお選びいただけます。カラー印刷(PP加工済み)した用紙を使用することも可能です。

≪見返し(きき紙・遊び紙)≫

表紙と本分(中身)の間に「見返し」と呼ばれる紙を貼りつけます。表紙(表2)に貼るほうを「見返し・きき紙」、本文側を「見返し・遊び紙」と言います。見返しは、表紙と本文を固定することにより長期保存の耐久性と装飾的効果の二つの役目があります。

≪ブックカバー≫

オリジナルデザインでフルカラーのブックカバーを作成することも可能です。

書店で販売されている本の多くは、ブックカバーをかけています。
ブックカバーをつけると、より本格的な出版本の雰囲気を醸し出します。

≪しおりの紐つけ≫

しおりの紐を付けることにより、一層、上質感が高まります。

≪自費出版・製本サービス≫

弊社では、歌集(短歌集)・句集(俳句集)・写真集・遺稿集・自叙伝・自伝・自分史・記念誌・小説・旅行記・エッセイなどハードカバー本の自費出版・製本サービスにて受付けております。

【 初めての方でも安心のアドバイス・サポート充実 】

お客様の、ご要望に沿ったハードカバー本の冊子を迅速かつ丁寧に対応させていただきますので、安心してご入稿ください。

各種自分史、自叙伝、記念誌、句集、歌集などは当社で手懸けた上製本の実績が多数ありますので、弊社にご来社いただければ、手にとってお確かめいただけます。

【 ハードカバーの製本方法 】

金の箔押し文字入り「布クロス張りハードカバー製本」

少部数(1冊~10冊)で受付可能な≪金の箔押し文字入り「布クロス張り上製本 角背」≫サービスを開始しました。

布クロス張りハードカバー製本は、1冊のみでもご注文承ります。丁寧、柔軟対応の各種サービス。

横綴じ製本(横本)や頁数の多い厚物製本も対応可能

また、50冊以上からになりますが、頁数の多い厚物製本や横綴じ製本(横本)も対応可能です。

ページ数が多い厚い本や横綴じ本(横本)は、本のノド(綴じの部分)に負荷がかかる為、高度な製本技術が必要となります。

弊社では、記念誌、写真集などのA4サイズの頁数の多い厚い本を頑丈で壊れない美しい本に仕上げることができます。

見返しも標準装備の本格派製本

厚いボール紙にコート紙(110kg又は135kg)を巻き付けます。丈夫で豪華な表紙です。

見返しが本文の前後にはいります。

本の開き具合は、無線綴じの書籍製本と同じです。また、300部以上ですが写真集のような水平に開く製本も対応可能です。

表表紙(表1)、背表紙と裏表紙(表4)がつながった1枚の印刷表紙や本格的高級布クロスで本文をくるんで巻く巻き貼り作業があります。印刷表紙で巻く場合は、PP加工が必須となります。

当然ですが背部分にも厚いボール紙が入ります。

見返しを入れることにより、巻き返した表紙部分を隠れて美しい仕上がりになります。

【 冊子の印刷方法 】

冊子印刷(モノクロ印刷)の方法は、次の二つの方法があります。

≪ 1 :デジタル軽オフセット印刷≫

お客様が作成されたWordや一太郎などのデータをご入稿いただきます。そのデータを直接、製版機や印刷機に送るため、高品質な印刷が確保されます。特に写真等の画像類が綺麗に印刷することができます。本刷りは、校正ゲラをご確認いただき、校了となってから開始いたします。従いまして、その校正ゲラをご確認いただくお時間が必要となります。

≪ 2 :アナログ軽オフセット印刷≫

お客様のプリンターから出力した出力紙原稿(片面)や印刷物の抜き刷りの紙媒体をご入稿いただき、面付け、製版、刷版後印刷をします。校正確認の日程が不要な為、デジタル印刷より早く冊子を仕上げることができます。アナログ印刷は、文字中心の内容の冊子に広く利用されています。

100部~500部の小ロットで費用を抑えたいときに軽オフセット印刷

当社は、デジタル軽オフセット印刷機、アナログ軽オフセット印刷機を装備しておりますので、それぞれの特徴をいかしてお客様のご要望にお応えしております。

モノクロページとカラーページの混在した冊子を作成する場合、モノクロページは、軽オフセット印刷(アナログ・デジタル)を使用します。

100部より少ない冊子は小型のデジタル軽印刷

極小ロットの10部~100部未満の場合は、デジタルデータを直接読み込んで印刷する"版"を用いない小型のデジタル軽印刷機を使用します。短納期・低コストに対応。頁の内容によってモノクロ専用機とカラー専用機を使いわけます。

冊子のカラー印刷

カラーページは、300部程度以下の場合にデジタル軽印刷を使用し、300部程度以上の場合に、デジタルオフセット印刷を使用します。部数、用紙の種類、ご予算等に応じて選択して進行いたします。

【 自分史、自叙伝、記念誌、句集、歌集等のハードカバー製本を誠実に丁寧に格安費用で実現 】

お客さまの多様な要望にお応えいたします!

当社は、自分史、自叙伝、記念誌、句集、歌集などのハードカバー本の冊子印刷を格安特価でご提供しています。

様々なハードカバー本を当社の経験・知識に基づき丁寧にサポートをさせていただきます。

当社は自分史・自叙伝・自伝・記念誌、句集、歌・各種会報 (研究会会報・学会会報・協会会報誌・同窓会報誌・クラブ会報誌) ・同人誌・ハンドブック・ガイドブック・会員誌・家族記念誌・紀行文・旅行記・セミナー小冊子・セミナーテキスト・学会誌・協会誌・広報誌・研究書・調査研究報告書・研究成果報告書・学術書・専門書・論文集・機関誌・取扱い説明書(マニュアル)などの冊子印刷を積極的に取り組んでいます。
自費出版(個人出版)にも対応しております。

【 ハードカバー製本印刷 価格表(料金表) 】

≪ご発注フォーム≫
ハードカバー製本印刷のご発注は、こちらの≪発注書フォーム≫でも受け付けております。
(お電話やFAX、メールでも承っております)

【 ハードカバー製本用語の基礎知識】

ハードカバー関連の主な用語を解説しています。

ハード-カバー本の制作を検討されている方に、お役立ていただけるよう、上製本に関連する主な用語を解説しています。

「天(てん)」
本の上側の部分を指します。以下「各部の名称と用語」の上記イラスト図でその部分を確認してください。
「地(ち)」
本の下側の部分を指します。
「小口(こぐち)」
本を開く側の部分のことをいいます。本文の糊付けされていない方になります。
「のど(ノド)」
本を綴じている側のことをいいます。のど(ノド)は見にくい箇所となるので、余白を充分とる必要があります。
「上製本の表紙」
布クロスやレザークロス、印刷紙等をボール紙の厚い芯紙の表面に貼ってくるんだハードカバーの表紙。
「表紙カバー」
印刷紙を表紙にする場合に表紙カバー(ジャケット)が使われます。布クロスやレザークロス張りの上製本の表紙には使われません。書籍等で多く使われます。
「見返し(みかえし)」
表紙と本分(中身)を貼りつける紙で、つなぐ役目となります。表紙に糊付けするほうを「きき紙」、本文側に貼りつけないほうを「遊び紙」と言います。また、タント紙などの特殊紙からお好みの色柄を選ぶことにより高級感等をだすことができます。
「背(せ)」
本の背中の部分にあたります。本の背に書籍名や著者名の文字を入れることから背表紙(背文字)といいます。
「丸背(まるぜ)」
上製本の背カタチを丸みを帯びて仕上げる背のことをいいます。
「角背(かくぜ)」
上製本の背のカタチを角ばった直線上で仕上げる背のことをいいます。
「背文字(せもじ)」
本の背の部分に入れるタイトルや著者名などの文字のことをいいます。
「溝(みぞ)」
本の開きをよくするために設けられた筋のことをいいます。ハードカバーの上製本のみに存在します。
「ちり」
上製本は、本文より、外側のハードカバー表紙を、2~3mm程度大きく作ります。その本文より大きいハードカバー表紙の部分のことをいいます。
「束(つか)」
本の厚みのことです。
「スピン」
本に糊づけされた布製のしおり(リボン)です。布地の色も表紙の色に合わせて選ぶことができます。本の間にはさんで使われます。
「花布(はなぎれ)」
背の天地に貼りつける細い布。上製本の接着を補強し、お好みの色を選ぶことによる装飾の見栄えの効果もあります。

☎ お客様相談窓口(電話相談サポート)

電話番号03-5408-7891  FAX03-5408-7893
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→お問合せフォーム

ハードカバー製本印刷のことなら、お気軽にお問合せください。
お電話やFAXでも承っております。

株式会社メルリンクス コミュニケーションツール サービスサポート
[電話相談サポート] TEL: 03-5408-7891
FAX: 03-5408-7893
E-mail: info@mellinks.co.jp

≪お問合せメールフォーム≫
ハードカバー製本印刷のお問合せ、および、ご質問につきましては、こちらの≪お問合せフォーム≫でも受け付けております。

お電話[ 03-5408-7891 ]やFAX、メールでも承っております。

≪お問合せメールアドレス≫
E-mail: info@mellinks.co.jp

受付時間: [電話相談サポート] 月~金 9:30~18:30

  • 打合せ等のため、日によっては、受付時間を18:00までとさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
  • 上記以外の日時でも、弊社スタッフが在社していれば、対応が可能でございます。お急ぎの場合は、一度おかけください。
  • [メール・FAX]随時受付

[印刷・製本の仕上がり見本]ご来社受付
印刷・製本の仕上がり具合を確認なされたい場合は、土、日、祝日もPM2:00~PM5:00まで営業(時間短縮や不在の場合もございます)しておりますので、事前に(平日)お電話やメールなどでご連絡頂きご来社日時のアポイントをお取りいただければご覧いただけます。


ページトップに戻る
コミュニケーションツールサービスTOPページ更新(2017.9.18)